野忽那小学校沿革 

明治10年 野忽那小学校開設(南砂子民家借用)
明治20年 明治19年小学校令改正により校名変更、野忽那簡易小学校となる。
明治22年 改築、2階建てとなる。
明治25年 小学校令改正により修業年限1か年延長、野忽那尋常小学校と校名変更
明治34年 生徒数増加により茄子原に校舎新築、2学級編成となる。
明治42年 明治40年小学校令改正により修業年限延長、6か年となる。生徒数男子60
名、女子45名に増加、3学級編成となる。
大正14年 野忽那尋常高等小学校となる。
昭和 7年 校舎改築
昭和16年 野忽那国民学校と改称
昭和21年 校長専任となる。
昭和22年 野忽那小学校と改称、6・3・3制実施、野忽那中学校新設
昭和25年 小学校校舎、新築落成、2月に移転完了
昭和27年 運動場の拡張工事を行う。
昭和28年 小学校校舎増築落成
昭和34年 講堂(へき地集会室)・理科室新築
昭和39年 現小学校校舎新築落成
昭和41年 6月4日、給食開始
昭和45年 校内放送設備配線
昭和46年 電話が開通する。
昭和47年 愛媛県へき地教育研究大会会場校 校歌制定
昭和52年 創立100周年記念式典を行う。
昭和53年 中島分会複式研究会会場校
昭和55年 新校舎(特別教室)新築落成
昭和56年 観察池新設、児童会の歌制定
昭和57年 中島町複式学級学習指導研究会会場校
昭和59年 気象観測露場設置、観測開始
昭和60年 リコピーFT4040・テント2張等の寄贈を受ける。
昭和61年 ”海と太陽と花”の歌作成、野忽那小学校を支える会発足
 皿山登山道修復、西通用門設置
昭和62年 「瀬戸内シーサイド留学」体験入学9月からテストケースとして児童受入れ
 創立110周年記念行事(運動会・学芸会・郷土展)実施、全校児童18名
昭和63年 「瀬戸内シーサイド留学」制度発足、第1期生8名
平成元年 留学生第2期生5名、全校児童13名
 県健康優良児童表彰(6年女子)を受ける。
平成 2年 留学生第3期生5名、全校児童13名
 教員住宅2戸落成
平成 3年 留学生第4期生9名、全校児童17名
 へき地集会室落成(3月)、JRC県表彰
平成 4年 留学生第5期生11名、全校児童21名
平成 5年 留学生第6期生11名、全校児童19名
 教員住宅3戸落成
平成 6年 留学生第7期生10名、全校児童19名
平成 7年 留学生第8期生8名、全校児童15名
 県へき地優良学校として表彰
平成 8年 留学生第9期生8名、全校児童14名
 全国へき地教育研究大会会場校
 「瀬戸内シーサイド留学」10周年記念事業開催
平成 9年 留学生第10期生6名、全校児童10名
平成10年 留学生第11期生6名、全校児童9名
平成11年 留学生第12期生3名、全校児童7名
平成12年 留学生第13期生2名、全校児童5名
平成13年 留学生第14期生3名、全校児童7名
平成14年 留学生第15期生2名、全校児童6名
「瀬戸内シーサイド留学」15周年記念事業開催
平成15年 留学生第16期生2名、全校児童7名
平成16年 シーサイド留学センター設立。里親方式からセンター方式に変わる
留学生第17期生3名、全校児童8名
平成17年 松山市との合併により松山市立野忽那小学校になる。(平成17年1月1日)
留学生第18期生4名、全校児童8名
平成18年 留学生第19期生3名、全校児童6名
平成19年 開校130周年・シーサイド留学20周年記念事業開催
留学生第20期生3名、全校児童6名
平成20年 留学生第21期生4名、全校児童5名
平成20年度をもって休校、シーサイド留学休止



トップページにもどる